Top >  高血圧と生活の改善 >  高血圧を改善するなら体脂肪率を減らそう

スポンサードリンク

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

高血圧を改善するなら体脂肪率を減らそう

高血圧を改善するなら肥満を解消しましょう。肥満は体重や見た目で判断されるのではなく、体重に占める脂肪の割合=体脂肪率で見ます。
体脂肪率が、場合を肥満とし、たとえ体重は標準体重であっても、体脂肪率が数字以上あるならかくれ肥満ということになり、肥満と注意が必要です。
肥満や隠れ肥満であると高血圧をはじめあらゆる生活習慣病にかかりやすくなるからです。体は内臓のまわりに脂肪がついている場合なども、かくれ肥満といえます。
体脂肪率は正常範囲内なのに内蔵周りに脂肪がたっぷりついていてかくれ肥満であることもあります。適度な太りすぎを避けて、高血圧にならないようすることが重要です。
肥満しないこと、ダイエットに成功したら少なくても3ヶ月はその体重をキープすることでリバウンドの危険は減らせます。

スポンサードリンク

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

 <  前の記事 高血圧と内臓脂肪の関係は?  |  トップページ  |  次の記事 高血圧症予防と改善に塩分コントロール  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/2131

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧と食事、生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。