Top >  高血圧と食事の改善 >  高血圧と塩分制限

スポンサードリンク

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

高血圧と塩分制限

高血圧の予防や改善に不可欠な塩分制限ですが、塩分をコントロールすることは高血圧対策にとってあります。食塩摂取量は1日平均12gで、欧米人に比べても多いといわれています。
漬け物、梅干し、魚の干物、塩漬け、など塩分が多くなっています。高血圧治療ガイドラインによると塩分摂取量は1日6g未満、小さじ1杯が5gなので厳しい基準ではありますが、この範囲内で治まるようにしましょう。
お寿司は結構な塩分が含まれているのでたまに食べる程度にします。
上からかけずに、小皿におしょうゆを少々いれ、それをつけてたべるようにすると塩分が少なくてすみます。
塩分が物足りないと不満に思わずにすみます。
塩分が多いので使用せず、昆布、かつおぶし、椎茸でとりましょう。

スポンサードリンク

発酵月桃茶「月の桃」
ショウガ科の沖縄産植物「月桃」から抽出されるお茶はハーブティー感覚で。血圧や血糖値が気になる方の健康維持に!

 <  前の記事 高血圧症は朝起きてからが要注意  |  トップページ  |  次の記事 本態性高血圧を防ぐために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/2160

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧と食事、生活」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。